ステートメント〈作品/制作について〉

 

中間領域を目指す。

 

言葉や、イメージ、物体の

彼方から抱えこんできたイデオロギーは、

剥離し、漂白される。

 

故にそこでは宙吊りの生のみが許され、怠惰で、緩慢、尚も反復を繰り返す。

不条理と無意味の光景は強度を増すが、

だが、しかし、

想像力という運動こそが、この場を開示するのだ。

 

あらゆるものが等価であるために、

あらゆるものが代替可能となり、

新しい言語としての「何か」ではないものが創造される。

 

 

2011.11

図師 雅人